最近津市のゴルフ場で燕が低く飛んでるのをよく見る。



っていうより今日もそうなんだけど僕がFw刈りの作業中にいきなり機械の前に飛んできて轢きそうになる。



実際に轢くことはないけどちょっとビックリするというか、ヒヤってするヽ(; ゚д゚)ノ ビクッ





よく燕が低く飛ぶと雨が降るって言われるけど今年の梅雨ではその光景をよく目にするっていうより轢きそうになる。





燕が低く飛ぶのは燕のエサとなる羽のある虫を食べる為で、その虫たちは空気中の湿気が多くなると羽に水分が付いて重くなるために低くくしか飛べないらしい。



それらを追って燕も低くく飛ぶ。





そして空気中の湿気が多くなるのは近く雨が降る事が多いのでそういうらしいです。



これは100%ではないし、燕は渡り鳥のために年中見られる光景ではないらしいけど意外と確率高いみたいです。





僕は昔からの言い伝えみたいなのが大好きですごく昔の人の偉大さを感じる☆ミ





昔の人はそういうものや雲の形、風の吹き方などで天気を予報しててそれを観天望気って言うらしい。



今みたいにテレビやSNSみたいに情報がない時に自分の五感で感じた事や経験で予想する。



そしてそれが現代でも通じる‼️





昔も今も変わらないものがある。





天気に限らずいろんな事で言い伝えがあって、そういうことを聞くたびに昔の人が教えてくれてるような気がする。





マジで凄いと思う!( ̄- ̄)ゞ





自分で感じた事や経験した事は唯一無二の自分のものだから…